流転工房

クラウドエンジニアの時流見聞

ワールドクラスの共通言語、、複式簿記を学び直そう&freee(フリー)

 

インターネットの知識は、英語と中国語がかなりの割合を占めている。

ということで、オンライン英会話やHSKを使って言語を学び直してます。

 

ただ、文明間、国家間、企業間の汎用性・共通性となると、「数学」「複式簿記」も最大レベルの文明の財産。

特に数学も中学1年の知識から学び直したいし、複式簿記も使いこなしておきたい。

 

とはいえ、複式簿記のプロセスは、昔、ソフトウェアの勘定奉行で自動化されつくしていたと感じて学習を止めてしまった、、そんな時期が僕にもありました。

 

事業規模を拡大させたという、「人類の発明」クラスのツールにあらためて向き合いたい。 

電卓が友達になるから、数学も見直せるし、、ただ、システム化・自動化・業務シンプル化の視点をわすれたくないから、クラウド会計ソフトで有名なfreee(フリー)も学び、いい感じなら業務で普及させたい。

 

明日はそんなわけで、freee(フリー)のWeb講習を受けてみます。

機能面の検証は、freeアカウントを取得してみたけど、これはすごい。。使いこなして、企業会計の知識と組み合わせてみたい。