流転工房

クラウドエンジニアの時流見聞

俺は登りはじめたばかりだからな、、この快眠道をよ。

快眠道をともに登る同志は数知れず。。
人生の1/3は眠りに使わないと生きていけないけど、快眠効率は重要テーマ。

高効率睡眠で今後10年の活動時間を7300時間増やす方法 - 自分を変える、人生を変える!


ちなみに、これまでの快眠道実績。

1.マニフレックス

身体に合わない布団で寝ると、特に腰痛持ちには辛い朝がやってくる。。
このウィングタイプは持ち運びも手軽で最強。


2.朝一のお通じ

寝起きのトイレタイムが削減できる無敵の整腸剤。妊婦OKなので良質な栄養補給。


3.抱きまくら

ふにふに感が最強、、なぜか安心できるだき枕型睡眠。
ミノムシ型睡眠という寝袋型もよさそうだけど、普段の睡眠アシストにはだき枕型では。チキンなので無地カバーを使っているけど。


その他、グリシンや仮眠枕、断食等々、いろいろなツールがあるけど、冒頭サイトの「起床時間をがっちり決める」というのは本来の目的(人生1/3の快適と削減)に合致するので、試してみようと思う。